スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西暦20xx年07月xx日(日)の日記

20xx/07/xx/sun/曇り

日曜なので朝寝坊、

遅い朝食の支度をのんびりと、

ウインナーを茹でて次は玉子を割ろうと、

と、そこで、そうだ測ってみようと思って超簡易測定をしてみた、

測定?

今年3月にxx地方に起きた史上最大級の地震、そして大津波、そしてその地震と津波によってxx原子力発電所が電源喪失状態になりメルトダウン、爆発、大量の放射性物質をまき散らすという悪夢のような事故、5ヶ月経とうとしている今ももちろん収束の目処は立っていなくて、この汚染された島国に住み続ける以上は放射能を常に意識して生きていかなくてはならなくなってしまった、

政府やxx電力の発表や対応を疑うようになり、ボクは4月のはじめにガイガーカウンターを手に入れて家の中、子供たちの通学に使う路など測ったり、生活圏が高放射線量になるような万一の事態に備えたりした、

xx原発のさらなる爆発の心配は薄らいだけど、放射能汚染は広がり続けていて、とにかく現時点での課題は、食の汚染による子供たちの内部被曝を出来る限り減らしたい、のだ、、、

てーわけで、

2611939_1240482136_237large.jpg

まず、容器に水を入れて、薄いポリ袋で包んだガイガーカウンターを入れて4分10秒、

次に同じ容器に玉子を3つ割ってかき混ぜてオムレツの用意をして、

さっきのポリ袋で包んだガイガーカウンターを入れて同じく4分10秒、

このガイガーカウンターはCPM値(カウント・パー・ミニッツ)とトータルカウント数が選べて、トータルカウントにすると、ただただ放射線がガイガー管に飛び込んできた回数をいつまでもカウントし続けるので、こういう測定には向いていると思うし、ガイガー管(センサー)が先端に付いているので、写真のようにするとガイガー管が試料の中に入るのでより感度良く測定できるのも適していると思う、

で、結果は、

水道水(浄水器を通したもの) 79カウント
鶏卵(3コ)             69カウント

ということで、同じ場所で同じ条件で空間線量を測ってみると73カウントなので、問題無いと思う、

と、安心したところで、心をこめてふんわりオムレツを作り、3人で朝食をとる、

子供1が4泊5日の部活の合宿に行ってるので今日の夜までは3人、


☆☆☆☆☆


朝食を終え、牛乳も測ってみることにした、

今度はもう少し精度をあげようと思って10分測定、

2611939_1240482139_11large.jpg

まずは容器を空にして10分測定、

結果は182カウントだった

2611939_1240482146_145large.jpg

次に水道水(浄水器を通したもの)250ccを入れて10分測定、

結果は158カウント、

2611939_1240482155_185large.jpg

次に牛乳250ccを入れて10分測定、

ちなみに牛乳は近所のスーパーマーケットで普通に安売りされていた「xx道で製造された xx道特選3.7牛乳」という、産地を見て選んで買ったやつ、原発事故で避難指示が出されxx県から避難した乳牛もxx道に連れて行かれたとか、基準値を超えないようにいろんな産地の原乳を混ぜてるとか言われているけど、、、

結果は171カウント、

うーん、これならたぶん大丈夫でしょ、わかんないけど、

試料の牛乳は子供2と一緒に紅茶に入れて飲んだ、


☆☆☆☆☆


食品の場合ベクレル/kgの単位が使われていて、ベクレルの測定が出来るらしいガイガーカウンターを持ってるけど、ややこしくて難しくて時間もかかるしめげた、

基本的には食品にガイガー管を出来るだけ近づけ何回カウントしたかを測り、なにも無い状態でもカウント回数を差し引いたものを単位に合わせるためのに係数処理するだけなので、こんな簡単な測定でも同じだと思うんだけど、、、?

「緊急時における食品の放射能測定マニュアル」
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001558e-img/2r98520000015cfn.pdf

これダウンロードして40ページをプリントアウトして、通勤電車の中で読んでたけど、難しくて面倒で、検出器が1×1インチ程度のシンチレーションサーベイメータとかゲルマニウム半導体検出器なんて測定機ももちろん無いしちょっと萎えたけど、

読んでるうちに、なーんだ実際の検査機関でもこんなふうに手作業で野菜を刻んだり容器に入れたりして測ってるんだ、と、精度や単位を追求しなければ自分でもできそうじゃん!と思えてきた、

本当は測りたい食品(試料)は2リットルとか用意するみたいだけど、家庭じゃ無理だよね、


☆☆☆☆☆


午後近所のスーパーで米が安売りしているのを買いにいった、

「xx県産ひとめぼれ」 5kg \1,380 おひとり様2袋まで。

事故を起こした原発のあるxx県のとなりのxx県産だからどうしようか?と相方と迷ったあげく、古米だし屋外で保管しているわけも無いでしょ、ということで買うことにした、

で、2袋買って帰ってきて、早速測ってみる

2611939_1240482158_44large.jpg

牛乳と同じように10分測定で153カウント、

同じ場所で米の袋だけ外して空間線量を10分計って174カウント、

空間線量よりマイナスだからたぶん大丈夫でしょ!?


☆☆☆☆☆


子供2がメレンゲのクッキーを作りたい!と言って作り方をネットで調べて一人クッキングを楽しんでいたので、ボクは、その余った卵黄を使ってハンバーグ作を作った、

P1000402.jpg

子供1も無事合宿から帰って来て夕飯は4人揃って食べた、





追記:

放射性セシウムの暫定規制値が500Bq/kgと定められている食品について、公表されている実効線量係数(注5)を用いて計算すると、成人が当該食品を1kg食べた場合の内部被ばく量は6.5μSvとなる(注4)。つまり、暫定規制値の単位であるBq/kgとサーベイメータで表示される単位(μSv/h)は異なる単位であるため、数値の大小のみに左右されないよう留意する必要がある。
μSv/hからBq/kgへの換算係数については、社団法人日本アイソトープ協会の資料がある。
それによると、丸型V式容器(タッパ:V5、外径135mm、内径128mm、高さ56mm)に食品0.63kgを充填して日立アロカメディカル株式会社製TCS-171(B)で測定した場合、測定値(μSv/h)を7.34×104で除することでBq/kgが得られるとしている。
仮に500Bq/kgの汚染がある食品を測定したとすると、およそ0.007μSv/hに該当するため、このようなレベルを一般に測定することは困難である。

0.007マイクロシーベルト毎時かぁ、
これをガイガーカウンターで見分けるのは、ちょっと無理っぽいですね、、、
スポンサーサイト
プロフィール

<<  ramjee  >>

Author:<< ramjee >>
機械加工された金属の質感と錆びたトタンや朽ちかけた建造物と機械仕掛けに心惹かれる昭和まれの昭和育ち♂都内在住。ブログは気まぐれに更新中。

カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。